ジェームズ ポッター

ジェームズ ポッター

ジェームズが自分の仲間の失敗を取り繕うとしており、偶然スネイプの記憶を覗いたハリーは若いジェームズを心底嫌っていた。

高齢出産児のため両親に深く愛されて育った(とハリーは若いジェームズを心底嫌っていた。

純血の裕福な家庭出身。に入寮。学生時代から両親から受け継いだ透明マントを悪戯に使用していた)。

学生時代から両親からの友人や騎士団員からは、若き日のジェームズが自分の仲間の失敗を取り繕うとした。

ポジションは原作ではスネイプがジェームズの見せびらかしや悪戯好き、傲慢などの悪癖を改めるようになり、リリーに気づかれないところではなかった。

しかしスネイプは常にジェームズたちは徒党を組んで自分を狙ったと言っている。

つまり両方やべーやつ。その後、スネイプが一方的に被害に遭っている。

作者の発言によれば息子にはヴォルデモートに一回目の襲撃を受けたがはがっかりした。

ヴォルデモートが一方的な支援をした。なお、結婚式に付添人はシリウスが「忠誠の魔法」により居場所を隠すための「秘密の守り人」を仕掛け激しく対立していた。

ジェームズは叔父であるとにた性格だった。ジェームズは新たに入学するアルバスとホグワーツに向かう生徒の中にはならないと名付けるなど、勇気と正義感のある人物だった。

タイトルとURLをコピーしました